スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ【ままんコーラス隊】1月30日の読売新聞に掲載。石巻の雄勝へ「さくら咲いたら」

1月30日の読売新聞に掲載。石巻の雄勝へ「さくら咲いたら」
被災地に歌の花咲かそう
読売新聞石巻
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町で、今春、作曲家・益田兼大朗(けんたろう)さんが、
自作の歌「さくら咲いたら」を合唱で届けようと、歌い手となる女性を募っている目標は30人。「関西からの歌声で被災地に「花」を咲かせたい」と思いを語った。(安田弘司)

「さくら咲いたら 逢えますね あんなに固く 約束したから 
2011年1月。益田さんは「日本人の桜への思いを形にしたい」とこの曲を書き下ろした。
わずか2ケ月後の同年3月、震災が発生した。「とても歌える雰囲気ではなく、私自身、そんな気になれなかった。
披露の機会は失われた。
一方で、益田さんの心はいつも被災地に向かっていた。学生時代から約10年間、関西のジャズバンドで共に活動し、引退後は郷里の宮城県に戻った友人が、津波で行方不明となっていた。
「春が訪れ 夏が去っても あなたは帰らぬ 私を残して
曲には友人への思いをそのまま形にしたような歌詞をつけていた。
「いつか発表できれば」。そんな気持ちを抱えていた益田さんは昨年12月、死者・行方不明者200人以上という被害が出た石巻市雄勝町で、住民らが白壁に復興への思いなどを絵や文字で表現した「雄勝希望のキャンバス」に、花が咲いていない桜の木が描かれていることを知った。
「この曲は、あそこで歌うべきだ」。そう直感した益田さんは、同キャンバスのプロジェクト実行委員会のメンバーで」、雄勝町で灯油販売業を営む神山正行さんに連絡を取った。
キャンバスに描かれたさくらは、毎年春に見事な花を咲かせ、人々に愛されていたが、津波で流出してしまった市立雄勝小学校の校庭の桜だと分かった。
かつて約4300人いた雄勝町の住民は震災後、3分の1程度にまで激減し、津波に襲われた中心部は、今も人影がほとんどないという。神山さん自身、津波で自宅を失っており、益田さんからの申し出に「遠くからで驚いたが、勇気づけられた。どうか雄勝を盛り上げてほしい」と現地の受け入れを約束した。益田さんの誘いで集まった歌い手の女性は現在関西の合唱サークルのメンバーなど・・・・・続く・・・・・
読売新聞石巻
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北乃静夏 /北乃 静 shizuka kitano 「OSAKAままん」ニックネーム ノコリフクシーズ

Author:北乃静夏 /北乃 静 shizuka kitano 「OSAKAままん」ニックネーム ノコリフクシーズ
幼き頃より歌が大好きな女の子でした。その後、親の反対を背に、プロ歌手になり、21年が来ようとしています。
あきらめない!クラブ歌手・ピアノ弾き語り・そして念願のプロ歌手と夢だった事が実現し、これからはライブ中心に、人に歌いつがれる歌を歌って行きたい。

osakaままん 育ての親>益田兼大朗>リクエスト曲 慕情フラミンゴにて。
 osakaままん>ひとつぶの涙 フラミンゴにて。

2011・4・25「いつも先生の心にいる たえこさん、こうじろうさん、益田先生は、元気ですよ。」

QRコード
shizuka
QR
FC2カウンター
最近の記事
ブロとも一覧

あいしゃいYELL

wañderiñg ezaru

バンコク輸入代行日記
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
flash時計「ピアノ」
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2掲示板
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。